2018.09.07.09:00.332

アルガンオイルとオーガニックエキス配合「サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア」

「サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア」の成分解析

今回紹介するのは、コーセーから発売されている「サロンスタイルシャンプー リッチモイスチュア」。

アルガンオイルとオーガニックエキスを配合したシャンプーとして販売されていますが、価格は市販シャンプーの中でも非常に安価。
ドラッグストアでも販売されているため、誰でも気軽に購入することができます。

ただ、安価ということは「配合されている成分も粗悪」といった可能性も十分にあります。

早速「サロンスタイルシャンプー リッチモイスチュア」の詳しい成分を解析してみましょう。


サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア成分解析


成分評価表



硫酸系洗浄成分をベースとしたひと昔前の市販シャンプー。使い続けることで髪質悪化の可能性も。ドラッグストアで販売されているシャンプーの中でも低クオリティ。

硫酸系+ベタイン系の市販シャンプーによく見られた組み合わせ


まず最初は「サロンスタイルシャンプー リッチモイスチュア」に配合されている洗浄成分から見てみましょう。

メインの洗浄成分として配合されているのは「ラウレス硫酸Na」。

もうご存じの方も多いと思いますが、硫酸系洗浄成分は頭皮への刺激となるだけでなく、毛髪のタンパク質を変性させる作用もあります。

そのため、使い続けることで髪のパサつきやダメージの原因となることがあります。

また、肌の刺激性も認められているため、敏感肌の人には刺激を、乾燥肌の人にはより乾燥する肌へと導いてしまう結果となります。

硫酸系洗浄成分の中では最悪な部類ではありませんが、当サイトでは絶対におすすめしない成分です。

その次に多く配合されているのは「コカミドプロピルベタイン」。

低刺激で知られるこちらの成分は、硫酸系洗浄成分と相性が良いとされており、ひと昔前にドラッグストアで販売されていたシャンプーにもこの組み合わせが多く見られました。

というのも、「コカミドプロピルベタイン」には硫酸系洗浄成分の刺激を緩和する効果や、毛髪や頭皮を保湿する効果があるとされているわりに安価なので、洗浄力や刺激性を低価格調整できるピッタリの成分だったのだと思われます。

そして最後に配合されているのが「ラウリルベタイン」。

こちらも「コカミドプロピルベタイン」同様低刺激な成分で、頭皮や毛髪の保湿も効果があります。

ただ、配合量がかなり少ないので洗浄力といった部分ではほとんど効果を発揮していません。

刺激性&高洗浄力で頭皮や毛髪にダメージとなる可能性が

「サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア」の洗浄成分は3種類使われていますが、実質的に効果が実感できるのは「ラウレス硫酸Na」と「コカミドプロピルベタイン」の2種類。

先ほども説明しましたが「ラウレス硫酸Na」が主成分となった場合、洗浄力が高くなってしまうため、頭皮や毛髪の乾燥に繋がる可能性があります。

また、刺激性も認められるため、肌の弱い人や相性の悪い人が使用すると、湿疹や痒みの原因となる場合もあります。

もし、現在使用していて「頭皮がおかしいな?」と感じたらすぐに使用を止めた方が無難です。

というか「おかしいな」と感じる前に辞めた方が良いかもしれません。

アルガンオイルとオーガニックエキスの効果は?


「サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア」の魅力として挙げられるが「アルガンオイルとオーガニックエキス配合」という点。

結構メジャーな成分なので「髪にいい効果が期待できそう!」と思ってしまいますが、シャンプーの基礎はあくまで洗浄成分となるため、洗浄成分のクオリティが低いとその他の成分も効果を十分に発揮できません。

今回の場合「アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)」が、水、洗浄成分、の次に多く配合されているため、一定の配合量は確保されているように思えますが、あまり効果は期待できません。

むしろ、オイル系の配合量が多すぎる場合は、ベタつきの原因となることもあるので注意が必要。

さっぱりとした洗い上がりを求めている人にはあまり向いていないと言えます。

また、「オーガニックエキス」も同様に、配合エキス「セイヨウハッカ葉エキス」「カミツレ花エキス」の効果はあまり期待できません。

ドラッグストアで安価なシャンプーを求める方向け


「サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア」の成分を詳しく解析してみましたがいかがだったでしょうか。

あまり良い評価にはなりませんでしたが、あえて挙げるなら「近所のドラッグストアで安価なシャンプーを求める方向け」といったところでしょうか。

特に肌の強い人であればトラブルになる可能性は少ないので使用していても問題無いと思いますが、同じ価格帯でもっと品質の良い市販シャンプーもあると思うので、「サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア」をあえて使う理由は見つかりません。

「コーセー」と聞くともう少し品質の良いイメージがあっただけに残念ですね。



商品名サロンスタイル シャンプー リッチモイスチュア
メーカーコーセーコスメポート
内容量500ml
タイプノンシリコン
成分水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、カミツレ花エキス、サフラワー油、セイヨウハッカ葉エキス、ホホバ種子油、BG、EDTA-2Na、PG、PPG-2コカミド、イソプロパノール、オリーブ脂肪酸エチル、クエン酸、グリセリン、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ステアルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、メントール、ラウリルベタイン、塩化Na、炭酸水素Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別シャンプーおすすめランキング
シャンプーおすすめランキング 「ボリュームアップ編」