2018.05.11.15:35.315

水分量14%にこだわる「&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト シャンプー1.0」

「&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト シャンプー1.0」の成分解析

今回は、世界的な人気を獲得している「エコロヴィスタ」を始めとした様々な人気シャンプーを販売している「ヴィークレア」から、2018年4月に新しく発売された「&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト シャンプー1.0」の成分を解析してみたいと思います。

「保水オーガニック美容」をテーマに、3種類のはちみちを独自の比率で配合すること水分量14%という高い水分量を実現したシャンプーとのことですが、実際に髪にいい効果があるのでしょうか。

早速、詳しい成分を解析してみたいと思います。


「&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト シャンプー1.0」の成分解析


成分評価表

ほどよい洗浄力だがやや刺激性あり。毛髪の補修や保湿に対しては良い効果が期待できるためツルツル&サラサラとした質感を求める人にはおすすめ。香りは強め。


ベタイン&スルホン酸を組み合わせたやや強引な洗浄成分


まず最初は「&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト シャンプー1.0」の洗浄成分から見てみましょう。

メインの洗浄成分となるのは「ラウミドプロピルベタイン」。

この洗浄成分は「超低刺激&低洗浄力」が特徴的で、保湿力や刺激性緩和、洗浄力の調整を目的として配合されることが多い成分です。

これ単体では洗浄力が低すぎるため、洗浄力の高い成分と組み合わせて利用されます。

その洗浄力の高い成分というのが、2番目に多く配合されている「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」。

シャンプー全体の洗浄力を高めことができるほどの洗浄力を持っていますが刺激性があるのが欠点。

「ラウミドプロピルベタイン」によって刺激は緩和されていますが、敏感肌の人は避けた方が無難です。

そして、3番目に多く配合されているのがアミノ酸洗浄成分「ラウロイルメチルアラニンNa」。

アミノ酸洗浄成分の中でも比較的高い洗浄力を持っているため、髪と頭皮の汚れ除去にも有効。
しかも、毛髪へアミノ酸を補給してくれるので多少のコンディショニング効果が見込めます。

その後に続くのが、洗浄補助成分「コカミドDEA」とアミノ酸洗浄成分「ココイルグルタミン酸TEA」。

ここまでくると配合量がかなり少なくなってくるのですが、どちらも低刺激で優しい洗浄力の成分です。おまけ程度に考えておくのが良いかもしれません。

さっぱりとした洗浄力で頭皮を洗い上げる

洗浄成分を見る限り「さっぱり系シャンプー」といった印象。

適度な洗浄力があるので使用感は悪くありませんが、「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」を使用しているのでダメージヘアの人が使うと軋みを感じる可能性も。

とはいえ、大半の人はサラサラな髪に仕上がる可能性が高くなっています。

先ほども説明したように、敏感肌の人はやや注意が必要ですが、これまで頭皮トラブルなどを抱えたことが無い人がトラブルを引き起こす可能性は低いです。

"ハチミツ+シルク+ケラチン"でダメージ補修


「アンドハニー ディープモイスト シャンプー1.0」に配合されているダメージ補修成分は天然成分が中心。

商品名にもなっているハチミツ成分は、「ハチミツ」「ハチミツエキス」「加水分解ハチミツタンパク」「グルコノバクター/ハチミツ発酵液」「プロポリスエキス」の5種類。

その中でももっとも高い効果を発揮してくれるのが「加水分解ハチミツタンパク」と呼ばれる、ハチミツを吸収しやすくした成分で、髪のダメージ補修に効果的な「18種類のアミノ酸」が配合されています。

頭皮に対しても良い効果が期待できるので、頭皮トラブル改善にも役立ちます。

その他にも、シルク由来の補修成分「加水分解シルク」や、毛髪と同じ成分と言われている「ケラチン」などが髪のダメージ部分に吸着し効果を発揮してくれます。

ただ、配合量の順番を見る限り、配合量がかなり少ないと思われるため、あまり高い効果は期待できないかもしれません。

さっぱりとした洗浄力とサラサラ感を求める人向けシャンプー


「&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト シャンプー1.0」の成分を解析してみましたがいかがだったでしょうか。

「刺激性がある」という表現を使用しているため、購入を躊躇う人もいるかもしれませんが「さっぱり&サラサラ」とした洗い上がりを求めるならとてもおすすめできるシャンプーだと思います。

個人的には「○○の成分がダメだからこのシャンプーはダメ」という考え方では、ほとんどのシャンプーを選ぶことができなくなってしまうため、全体的なバランスや、使う人の肌質に合わせてシャンプーを選ぶことがベストだと考えています。

年齢を重ねることで肌質や髪質は大きく変化していくため、それに合わせてシャンプーを変える必要もあります。

「刺激がゼロ」とされているシャンプーはありません。

ご自身の肌質や髪質に合わせて是非シャンプーを選んでみてください。



商品名&ハニー(アンドハニー) ディープモイスト シャンプー1.0
ブランドヴィークレア
内容量440ml
タイプノンシリコン
成分水、ラウミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、コカミドDEA、シア脂グリセレス-8エステルズ、ココイルグルタミン酸TEA、ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、アルガニアスピノサ核油、ローヤルゼリーエキス、プロポリスエキス、ケラチン(羊毛)、アルギニン、パンテノール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解シルク、ヤシ油アルキルグルコシド、アラビアゴム、オランダシャクヤク花エキス、ミリスチルベタイン、ポリオクタニウム-10、ポリオクタニウム-47、カラメル、クエン酸、ソルビン酸K、安息香酸Na、BG、EDTA-2Na、PPG-7、メントール、フェノキシエタノール、香料


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別シャンプーおすすめランキング
シャンプーおすすめランキング 「ボリュームアップ編」