2018.04.26.20:04.311

【2018年新商品】オーガニック認証成分とダマスクバラ花エキスが配合された「ティモテ ローズモイスチャーシャンプー」が登場

「ティモテ ローズモイスチャーシャンプー」の成分解析

今回は、2018年3月26日に新しく発売されたノンシリコンシャンプー「ティモテ ローズモイスチャーシャンプー」の成分を解析したいと思います。

ティモテは、1980年代に一世を風靡した人気のシャンプーでしたが、その後人気が低迷。一時販売を行わない状態となっていました。

そんなティモテが再始動したのは「2013年」。

オーガニックやノンシリコンといった特徴のあるシャンプーを販売することで、認知度が少しずつ高まってきています。

そんなティモテから発売された2018年最新シャンプーがこちらの「ローズモイスチャーシャンプー」。

オーガニック成分をたっぷり配合したシャンプーということですが、時代に合った成分バランスとなっているのでしょうか。

早速、詳しい成分を解析してみましょう。


ティモテ ローズモイスチャーシャンプー


成分評価表

硫酸系洗浄成分を使った高洗浄シャンプー。ひと昔前の市販シャンプーといった印象で個人的には全くおすすめできない。ただ、安価に手に入る。

"ラウレス硫酸"が中心の高洗浄&高刺激シャンプー


まずは洗浄成分から見ていきましょう。

メインとなるのは、先ほども説明した「ラウレス硫酸Na」。

「ラウレス硫酸Na」は、高い洗浄力を持つ成分なので髪と頭皮の皮脂汚れをしっかりと落とすことができるというメリットがありますが、その反面、肌への刺激性が懸念されている成分で、敏感肌の人にとっては注意が必要な成分とも言えます。

そんな、高い洗浄力と刺激性を抑えてくれるのが2番目に多く配合されている「コカミドプロピルベタイン」。

ベタイン系洗浄成分と言えば、低刺激な洗浄成分であることで知られていますが、その分、洗浄力も低い成分となっています。

そのため、「ラウレス硫酸Na」が持つ洗浄力や刺激性を緩和し、シャンプー全体の刺激を抑える効果があります。

10年前ぐらいに多く見られた洗浄成分のバランス

洗浄成分はシンプルに2種類だけ。

近年発売されたシャンプーの中ではトップクラスにシンプルな構成です。というか、洗浄成分が1種類だけといシャンプーは見たことが無いので、実質的には最もシンプルな洗浄成分と言えるかもしれません。

シンプルなのはいいのですが、使われている洗浄成分が「ラウレス硫酸Na+ベタイン」というありがちな構成。

10年以上前に良く見られた洗浄成分のバランスで脱脂力の高さと刺激性が懸念されます。

肌の強い人はいいかもしれませんが、使っていて痒みや湿疹の原因となる可能性もあるので注意してください。

ノンシリコンでダメ−ジ補修力もほとんど無し


「ダメージケアシャンプー」というわけでは無いので気にしない人もいるかもしれませんが、髪に対して良い効果はほとんどありません。

吸着性の高いポリマー「ポリクオタニウム-10」と、やや刺激性が懸念されるコンディショニング成分「グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド」、保湿効果が期待できつつも刺激性が認められている「PPG-7」で髪のコンディションを整えるといった構成。

安価に効果を付与しようとすると刺激がつきまとってくる印象です。

一応、ダメージ補修に効果のあるアミノ酸「アルギニン」も配合されています。ほとんど効果は期待できないと思いますが・・・。

オーガニック成分は保湿成分「グリーンティーエキス」のみ


「オーガニック認証成分配合」と記載されていますが、配合されているのは「グリーンティーエキス」のみ。

保湿効果として配合されているようですが、効果は・・・・といった感じでしょうか。

安価なシャンプーの売りとして配合された印象ですね。

市販の安価なシャンプーを求める方向け


「ティモテ ローズモイスチャーシャンプー」の詳しい成分を解析してみましたがいかがだったでしょうか。

個人的な感想としては「ドラッグストアでよく見かける髪や頭皮が乾燥しやすくなるシャンプー」といった印象です。

シャンプーの成分を気にしなくても平気な若い人はいいですが、年齢と共に気になってくる乾燥肌の人にはおすすめできません。

逆に、脂性肌の人とは比較的相性が良いので男性向きとも言えるかもしれません。

「肌強いから全然平気!」といった人はドラッグストアでチェックしてみてください。



商品名ティモテ ローズモイスチャーシャンプー
メーカーティモテ
内容量500ml
タイプノンシリコン
成分水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、チャ葉エキス、トレハロース、ダマスクバラ花エキス、アルギニン、マルトデキストリン、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PPG-7、クエン酸、水酸化Na、ペンチレングリコール、トリデセス-9、PEG-40水添ヒマシ油、ビサボロール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別シャンプーおすすめランキング
シャンプーおすすめランキング 「ボリュームアップ編」