2017.06.12.18:29.230

【2017年発売】インスタで話題の「メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー」

2017年発売のメリットピュアンシャンプー

「メリット」と言えば、リンスのいらないシャンプーとして大人から子供まで幅広く利用している人がいますが、今回紹介するのは、大人向けにパッケージを一新した「メリット ピュアン」。

地肌の汚れをしっかりと除去することで、頭皮の臭い解消やクレンジングといった効果を狙ったシャンプーに仕上げているため、さっぱりとした洗い上がりと追求しています。

ということで今回は、おしゃれに進化した「メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー」に配合されている成分を詳しく見てみたいと思います。

インスタグラムなどでも話題となっているシャンプーですが、地肌クレンジングに向いているシャンプーとなっているのでしょうか?


「メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー」成分解析


メリットピュアンの成分評価

最悪の洗浄成分ではないが、硫酸系洗浄成分をベースとした刺激の強いシャンプー。
たしかに、汚れ落ちは良いが使い続けることで、髪質悪化は避けられない。パッケージのおしゃれなイメージとはほど遠い。


硫酸系ベースのシャンプーは刺激性に要注意


「メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー」に使われているのは、高い脱脂力と刺激性を持つ「ラウレス硫酸アンモニウム」。

硫酸系洗浄成分の中では、まだマシな部類にはなりますが、アミノ酸やベタイン系洗浄成分と比較すると洗浄力と刺激性が高い成分です。

そして、もう一つ注意してほしいのが「ラウレス硫酸アンモニウム」の次に多く配合されている「エタノール(アルコール)」。

おそらく安定剤として配合されている成分ですが、エタノールは配合量が多くなってくると、頭皮への刺激を招いたり、髪の乾燥を促進する可能性があります。

特にアルコールに対してアレルギーを持っている方は避けた方が無難です。

その後に、刺激緩和目的として「ラウリルヒドロキシスルタイン」と呼ばれるベタイン系洗浄成分が配合されていますが、配合量から見て、効果は薄そうです。

「1度の洗浄で頭皮の汚れを落としてしまいたい」といった時には有効なシャンプーですが、日常使いにはおすすめできませんね。

コーティング成分で軋み予防


「メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー」はノンシリコンシャンプーですが、髪のコンディショニングを整える効果を持つコーティング成分は配合されています。

シリコンのように髪に付着して層を形成していくコーティング成分ではない点では安心ですが、同シリーズのコンディショナーは「シリコン」がたっぷりと配合されているので、ノンシリコンにこだわる方は、この点には注意してください。

「髪をサラサラに仕上げる」とはではいかないまでも、髪に対して一定の効果が期待できるため、ダメージの少ない髪であれば、ドライヤー後は「サラサラ髪」に仕上げることができる可能性はあります。

逆にダメージヘアの人が使用した場合は、エタノールによる乾燥などによって髪の「パサつき」が気になる可能性があるので注意してください。

あくまで髪のコンディショニングを整える効果がであって、ダメージ補修効果ではありません。

「メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー」はおすすめ?


「メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー」の成分を解析してみましたがいかがでしたか?

硫酸系洗浄成分を使用しているため、当サイトとしてはあまりおすすめしたいシャンプーとはいえませんが、「香りが良いフレグランスシャンプー」といった特徴も合わせ持つめ、香り重視で選ぶ人にはおすすめできるシャンプーと言えるのかもしれません。

解析表では決して良い評価とは言えませんが、「髪と頭皮をさっぱりと洗いたい!」「いい香りのシャンプーで洗いたい!」なんて気分の時に、たまに使うぐらいなら問題無いので、興味のある人は使ってみるのもいいかもしれません。



商品名メリットピュアン アクティブ&スマイル シャンプー
販売会社花王株式会社
内容量425ml
タイプノンシリコン
成分水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウレス-16、ラウラミドプロピルベタイン、イソデシルグリセリルエーテル、PPG-3カプリリルエーテル、リンゴ酸、レモン果実エキス、キウイエキス、キイチゴエキス、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、ラウレス-3、塩化Na、リン酸、水酸化K、ベンジルアルコール、BG、安息香酸Na、香料


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別シャンプーおすすめランキング
シャンプーおすすめランキング 「ボリュームアップ編」