2017.05.10.12:15.227

「BOTANIST」の2017年夏限定発売「ボタニカルリフレッシュシャンプーモイスト」の成分解析

2017年夏限定BOTANISTボタニカルリフレッシュシャンプー

「BOTANIST」から発売された2017年夏限定シャンプー「ボタニカルリフレッシュシャンプーモイスト」の成分を解析したいと思います。

春限定シャンプーでも人気を得ていた季節限定の「BOTANISTシリーズ」ですが、夏限定も"5月1日"の発売から爆発的な人気となっているようです。

夏季限定の成分も配合されているということなので、それらの成分も合わせて見てみましょう。


「BOTANIST ボタニカルリフレッシュシャンプー モイスト」の成分解析


成分解析表

低刺激だが洗浄力は弱め。人によってはベタつきが気になる可能性も。保湿力はそこそこだが補修力はいまいち。あまり夏向きとは言えないシャンプー。

ベタインベースの低刺激&低洗浄力シャンプー


まず最初は洗浄成分から見てみましょう。

ベースとなっているのは低刺激が魅力の「コカミドプロピルベタイン」。

敏感肌や乾燥肌の人にも嬉しい成分で、皮脂を落とし過ぎず髪や頭皮を洗い上げてくれるので、しっとりとした質感が特徴。逆に洗浄力が弱すぎるため、これ単体ではシャンプーとしては成立しません。

そこで組み合わせるのが「ココイルメチルタウリンNa」と「ラウロイルメチルアラニンNa」。この2つはアミノ酸洗浄成分の中でも低刺激ながらも適度な洗浄力が魅力の成分で、髪や頭皮にとっては理想的と言われています。

そして、その後に続くのが「ラウラミドプロピルベタイン」「ラウロイルサルコシンNa」「ラウレス−4カルボン酸Na」「ココイルグルタミン酸Na」「デシルグルコシド」の5つの洗浄成分。

この辺になってくると配合量がかなり少なくなってくることが予想されるため、「泡立ち改善」や「洗浄力の補強」といった洗浄補助的な役割となってきます。

この中でも特徴的な成分が「デシルグルコシド」。

頭皮の皮脂を乳化させて落とすクレンジング効果のある成分で、頭皮をスッキリさせるのに役立ちます。洗浄力が低い「ボタニカルリフレッシュシャンプーモイスト」とっては、非常におすすめの成分と言えます。

とはいえ、全体的な成分バランスから見ると、スッキリとした洗い上がりは求められない印象です

そして、その原因は下記の成分にあります。

"水"の次にグリセリンの配合量が多い成分構成


「ボタニカルリフレッシュシャンプーモイスト」に配合されている成分でもっとも多いのが「水」。

これは、どのシャンプーにも言えることで、シャンプー全体の30%〜50%を占める成分とされています。

そして、その次にくる成分が一般的には「洗浄成分」とされているのですが、「ボタニカルリフレッシュシャンプーモイスト」は、水の次に「グリセリン」が多く配合されています。

「グリセリン」というのは、甘味料などに使われる食品添加物のことで、保湿成分としても化粧品などに多く配合されています。

シャンプーに配合することで保湿力を高めることができるのですが、配合量が多い場合、人によってはベタつきが気になる可能性があるため、個人的にはあまりおすすめしていません。

ただ、頭皮の乾燥が気になる人にとっては非常に良い効果をもたらす場合もあるので、自身の肌質に合わせて選ぶのがおすすめです。

2017夏季限定の4つの成分をプラス配合


「ボタニカルリフレッシュシャンプーモイスト」は、定番の「BOTANIST ボタニカルシャンプーモイスト」をベースに、2017夏季限定成分をプラスした成分構成となっています。

そして、夏季限定として配合されている成分が下記の4つ。

  • オウゴン根エキス・・・育毛剤にも使われる成分で頭皮の保湿、血行促進に効果あり
  • グレープフルーツ果実エキス・・・頭皮の皮脂を分解・除去する効果
  • セイヨウハッカ葉エキス・・・涼しい爽快感と消炎、抗菌作用などがある成分
  • メントール・・・清涼感を感じる成分でやや刺激性あり


夏らしい清涼感を「セイヨウハッカ葉エキス」と「メントール」で演出し、紫外線ダメージを受ける頭皮を「オウゴン根エキス」と「グレープフルーツ果実エキス」でケア、といった成分構成となっています。

洗髪後の涼しい洗い心地は、男女問わずおすすめできる成分となっています。

ただし、配合されている「メントール」にはやや刺激性が確認されているため、敏感肌の人が使用する場合は注意してください。

「ボタニカル リフレッシュシャンプー モイスト」はおすすめ?


「BOTANIST ボタニカル リフレッシュシャンプー モイスト」の成分を詳しく見てみましたがいかがだったでしょうか?

個人的には「グリセリン」の配合量が多いシャンプーは、使用感に優れない印象があるため、あまりおすすめしていません。

また、保湿といっても「頭皮」に対しての効果はそこそこにありますが、髪に対しては高くありません。それでいて、髪のボリュームダウンに繋がる可能性が高いので「髪のハリを取り戻したい」と考えている人は購入前に再検討したほうがいいかもしれません。

「期間限定」「2017年夏季限定」ということで「使ってみたい」と思う人も多いかと思いますが、夏らしい洗い上がりを求めるなら、「モイスト」ではなく「スムース」の方がおすすめのシャンプーとなっているので是非そちらもチェックしてみてください。



商品名BOTANIST ボタニカル リフレッシュシャンプー モイスト
販売会社株式会社I-ne
内容量490ml
タイプノンシリコン
成分水・グリセリン・コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNa・ラウロイルメチルアラニンNa・ラウラミドプロピルベタイン・ラウロイルサルコシンNa・ラウレス−4カルボン酸Na・ココイルグルタミン酸Na・デシルグルコシド・グリチルリチン酸2K・サトウキビエキス・セラミド2・PEG−30フィトステロール・加水分解ヒアルロン酸・加水分解コラーゲン・コカミドMEA・リンゴ酸・メントール・ポリクオタニウム−10・エタノール・BG・DPG・セテアレス−60ミリスチルグリコール・PPG−4セテス−20・EDTA−2Na・メチルイソチアゾリノン・メチルクロロイソチアゾリノン・香料


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別シャンプーおすすめランキング
シャンプーおすすめランキング 「ボリュームアップ編」