2017.03.10.16:41.108

「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」の使用感レビュー

黒髪スカルプ・プロ haruシャンプーの口コミレビュー

スカルプ系シャンプーの中でも特に人気の高い「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」を実際に使ったみて感じた、使用感レビューを紹介したいと思います。

当サイトの「シャンプーおすすめランキング 「総合力編」」でも掲載しているとても優れたシャンプーです。

特に"抜け毛・薄毛"、"乾燥による頭皮トラブル"など、様々な悩みにを抱えている人におすすめのシャンプーとなっています。是非シャンプー選びの参考にしてみてください。



「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」とは?


haruシャンプーの特徴

まず最初に「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」の特徴とおすすめのポイントについて解説したいと思います。

公式サイトはこちらから↓



低刺激なアミノ酸洗浄成分で頭皮を洗う


間違いなくおすすめと言えるポイントが洗浄成分です。「これでもかっ!」というほどに低刺激な洗浄成分で構成されています。

アミノ酸洗浄成分の中でも低刺激で知られる「ココイルグルタミン酸TEA」をメインとし、アミノ酸洗浄成分の欠点である"洗浄力の弱さ"を補うための成分として「ココイルメチルアラニンNa」が配合されています。

頭皮の潤いはしっかりとの残しつつも、頭皮の汚れはしっかりと落としてくれるので、乾燥肌の人にとてもおすすめできる成分となっています。

「頭皮が脂っぽい」といった"隠れ乾燥肌"の人にも効果があります。

天然由来成分100%で刺激になる成分を一切カット


haruシャンプーは"天然成分100%"で作られているため、男女問わず誰でも安心して使用できるシャンプーの一つです。

しかも、"カチオン活性剤"という、頭皮への刺激となる成分が"一切配合されていない"という珍しいシャンプーという一面もあります。

カチオン活性剤は、保存料や洗浄剤、柔軟剤として使用されている成分のことで、シャワーで洗い流しても頭皮へ吸着して流れないという、やっかいな性質をもっています。

頭皮トラブルの多くはこの"カチオン活性剤"とも言われており、痒みや炎症を伴う"接触性皮膚炎"の原因ともいわれています。

その他にも、合成香料や着色料を使用しないなど、髪と頭皮への刺激を一切カットした成分構造になっています。

話題の育毛成分「キャピキシル」配合


haruシャンプーで、もっとも注目されているのが「キャピキシル」と呼ばれる育毛成分です。

厚生労働省に唯一発毛が認められた「ミノキシジル」の約3倍の効果があると言われ話題となりましたが、個人的には、そこまでの高い効果は期待できないと思っています。

ただ、"キャピキシル"に対しては様々な実験が行われており、頭皮へ添付することで"髪の密度を向上させる"という実験結果も出ているようです。しかも、「ミノキシジル」のような"副作用"はないといわれているので、安心して使用することができるのは嬉しいポイントです。

あくまで個人的な見解にはなりますが、、"発毛"というよりも"育毛"に関してはそれなりの効果があるのではないかと思っています。

haruシャンプーには白髪の予防や改善にも効果がある


白髪に対して効果を謳っているシャンプーは非常に珍しく、白髪で悩んでいる人には非常に嬉しいポイントです。

白髪に対してアプローチしてくれる成分は「ヘマチン」と呼ばれる成分。「ヘマチン」には、髪の色を生成している「メラノサイト」という細胞を活性化してくれる効果があるため、白髪の予防や改善に最適と言われています。

しかも、「ヘマチン」には、ダメージ毛に対しても修復効果があり、髪を補修してくれる成分としても有名です。

その他にも、カラーの退色を防ぐ効果もあり、至れり尽くせりな成分と言えます。


haruシャンプーのおすすめポイントについて解説してみましたが、ここからは使用感についてレビューしてみたいと思います。

「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」使用感レビュー


haruシャンプーの口コミレビュー

それでは、実際に「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」を使ってみた感想をレポートしてみたいと思います。

使用量や泡立ち、仕上がりについても詳しく解説していくので、購入を考えている人は是非参考にしてみて下さい。

シャンプーの質感について


haruシャンプーのテクスチャ

まず最初にシャンプーの質感についてですが、ボトルをプッシュして手の上にシャンプー液を乗せると、ゼリーのようにプルプルとした状態で出てきます。

海藻のようなプルプル感といえばいいでしょうか、保湿力に優れるシャンプーというのが伝わってくる質感です。

「加水分解コラーゲン」や「ペリセア」といった保湿成分が多く配合されているため、このようなプルプルとした質感が表現されているのだと思います。


泡立ちと1回の使用量について


haruシャンプーの泡立ち

次に気になるのが"泡立ち"ですね。シャンプー液をいっぱい使用すれば良好な泡立ちを得られるのはどのシャンプーでも同じですが、1回の使用量でコストパフォーマンスが変わってきます。

1回のシャンプーに使用する量と回数は?

私の場合は、皮脂が多めの頭皮で、髪の長さが"耳下"ぐらいなのですが、1度で大体「2プッシュ」のシャンプー液を使用するとちょうど良いといった感じです。

シャンプーの1プッシュは大体「3ml」と言われているので、一度の使用で「6ml」のシャンプー液を使用することになります。

haruシャンプーは1本が「400ml」なので「約66回」シャンプーができる計算になります。

大雑把に計算したとしてもharuシャンプー1本で「約2ヶ月」使用することができます。トリートメントを必要としないシャンプーだと考えると、とても高いコストパフォーマンスのシャンプーではないでしょうか。

泡は柔らかい質感

泡の質感は「とても柔らかい」です。

硬い泡はモチモチの泡というシャンプーもありますが、"優しい泡"といったイメージをすると良いかもしれません。

少し泡が消えやすいのが欠点ですが、アミノ酸洗浄成分を中心としているので、これだけの泡立ちが得られれば優秀なシャンプーです。

良い成分が髪と頭皮に浸透しているようにも感じられるので、個人的には気にいっています。

haruシャンプーの仕上がりについて


haruシャンプーは、トリートメントのいらないシャンプーと販売されていますが、実際に使用するまでは、どこまでコンディショニング効果があるのか心配でしたが、実際に使用してみて「本当にトリートメントのいらないシャンプー」だということを洗った直後から実感しました。

普通のシャンプーであれば、洗いあがりは髪がさっぱりとしていて、多少なり指通りが悪くなりますが、haruシャンプーは、シャンプー直後から髪がかなりしっとりとしていて、"髪の絡まり"や"キシミ"などは一切感じることはありませんでした。

余分な皮脂を取り除かないので、髪がしっとりと保湿されているような感じに仕上がります。指通りも良いので、ハイダメージの人以外なら、シャンプーだけでも十分なコンディショニング効果を感じることができます。

ただ、「さっぱり」とした洗いあがりではないので、人によって「嫌い」な人もいると思いますが、頭皮が乾燥しがちな人や、皮脂の分泌が過剰になっている人には高い効果を発揮してくれます。

ブロー後の髪の質感は?


やはりシャンプーの最終的な仕上がりは、ブロー後の髪で決まります。

ブロー後でも髪のしっとり感は持続していましたが「毛先は少しパサつくかな」といった印象です。気になる人は"アウトバストリートメント"などで、ハイダメージ部分はケアすると気にならなくなります。

そして、もっと気になるのが翌朝の髪。

「使用直後は良くても次の日はダメ」なんてシャンプーはいっぱいありますが、haruシャンプーは次の日でもしっとりとしているので驚きました。

おそらく「ペリセア」という保湿成分によって髪の内部にしっかりと保湿成分が浸透しているためだと思いますが、シャンプーだけでこれだけの仕上がりにしてくれる商品は、中々見つけられないと思います。

これで「頭皮と髪の両方をケアしてくれるシャンプー」というのだから驚きです。


「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」の使用感レビューまとめ


haruシャンプーはおすすめのシャンプー

「黒髪スカルプ・プロ haruシャンプー」の使用感レビューはいかがだったでしょうか?

髪の保湿効果にも注目しましたが、haruシャンプーのおすすめポイントはやはり「頭皮環境を正常化」してくれるところにあります。

特に以下のような人に高い効果を発揮してくれるシャンプーです。

  • 頭皮の乾燥が気になる人
  • 頭皮の皮脂分泌が過多になってしまっている人
  • 抜け毛が気にあり始めた人
  • 白髪の予防・改善をおこないたい人
  • 安全・安心のシャンプーを使いたい人
  • 環境に優しいシャンプーを使いたい人


頭皮を健康に保つことは、ハリのある健康的で綺麗な髪を手に入れるもっとも近道です。

haruシャンプーは、頭皮への刺激を最小限に抑えた"頭皮環境を整えてくれるシャンプー"に仕上がっています。

迷っているなら是非一度試して見てください!きっと健康的な頭皮を手に入れることができますよ!



 
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWアイテム情報
目的別シャンプーおすすめランキング
シャンプーおすすめランキング 「ボリュームアップ編」